2009年10月22日

カンについて


カンは特殊な鳴きです。
まず
・四枚一組で扱う点
・ドラが増える点

です。

むやみにカンをする事は自分の首を絞めます。

ドラが増える、というのは場全体に影響を及ぼします。
自分の手が高くなる可能性が有りますが、他家にも同じ事が言えると言うことです。

無論、裏ドラも増えます。
リーチに対してのカンはとても危険です。
リーチはまず裏が未知数、と言う怖さが有ります。
カンをすることにより
表と裏が一枚ずつ増えるわけです。
リーチ者にとってはドラ牌が増えるので(一カンに二つ)都合が良いです。
カンも鳴きなので鳴いた物は動かせません。
動かせる牌が少なくなる上、相手の役が増える可能性と言う諸刃の剣です。

麻雀に慣れるまではカンはしない方が良いでしょう。
カンのリスクとリターンを理解してからの方が良いです。
ただ、リーチ後のカンはまあ許容でしょうか。
リーチ前なら一枚切ってでもカンはしない方が良いです。

さて、次はリーチについてでも・・・。

では


楽天ブロードバンド プロバイダー
外国為替証拠金取引とは…
脱毛サロン格安・安心なTOKYO BDC(東京美容脱毛センター)
プリウス・値段
婚活ランキング・料金のとサービスで選ぶ!
[広告リンク」
オンライン麻雀ゲームなら→無料3Dオンライン麻雀ゲーム「雀龍門」
posted by すずめん at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雀龍門日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。