2009年11月26日

符計算の説明。

符計算の方法を紹介します。

ネット麻雀では符を勝手に計算してくれますが、自分で計算できれば点差計算など便利ですよ?


では、計算方法。

あがり形になった場合まずフーテイ20符がつきます。

これはどんなあがりにも付きます。

面前でロンした場合、さらに10符つきます。
また、ツモした場合2符つきます。

あがりに関しての符はこの限りです。
次に、面子に関しての符です。

原則として順子には符がつきません
また、19時牌と2〜8の牌では符が異なります。

19字牌の場合
暗刻:明刻 8符:4符
暗槓:明槓 32符:16符

2〜8の牌の場合
暗刻:明刻 4符:2符
暗槓:明槓 16符:8符

カンの字これであってるかな・・・。

最後に、待ち
待ちの形で符がつきます。

カンチャン、ペンチャン、単騎待ちの場合2符
それ以外は在りません
シャボや両面にはつきません。

また、ロンの場合の刻子の扱いについて
シャボ待ちでロンした刻子は明刻として扱います。

こんなもんでしょうか・・・。

では、また。


「満足」温泉ランキング
京都の旅館・人気ランキング
有馬温泉の旅館・人気ランキング
熱海温泉の旅館・人気ランキング
箱根温泉の旅館・人気ランキング
[広告リンク」
オンライン麻雀ゲームなら→無料3Dオンライン麻雀ゲーム「雀龍門」
posted by すずめん at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雀龍門日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。